コストを抑えて住宅を建てたい場合は狭小住宅を考えてみましょう

好みに合わせた不動産探し

東京で狭小住宅を探す時には、2通りの方法があります。不動産仲介のお店に、条件を指定して問い合わせるのが1つの方法です。また、狭小住宅を手掛けるメーカーに直接聞くというアプローチも可能です。住宅が密集する東京は、比較的狭小住宅が見つかりやすい地域と言えます。

低価格で土地を買う

住宅

東京では広い土地を確保することが難しく、狭小住宅を建てるケースが多くなっている。特に都心部などでは、住宅を建てるためのまとまった土地が無かったり、あっても1坪当たりの単価が高く購入できないというケースが多い。これらの東京などの都心部での土地事情に対応したものが、狭小住宅になる。狭小住宅は一般的には15坪以下の土地に建てる住宅のことを言う。土地の面積が狭い分、住宅の購入価格を抑えられる。特に東京では一戸建て住宅の購入が難しいことも多いが、狭小住宅であれば購入できるというケースもあり、狭小住宅を選ぶ人が増えている。東京での土地については、一定の広さを持つ土地はそれだけで高くなるが、狭い土地の場合には用途が限られてしまうこともあり安く購入できることが多い。その為、狭いことで安く購入できるうえ、これらの要因も含めさらに安く購入可能になる。狭小住宅では床面積を増やすために、多くのケースでは3階住宅としたり、地下室を設けるなどにより床面積を確保されている。また、部屋の仕切りを無くすことや、中二階などをもうけることで複数の階を1つの階に見せながら狭さを感じさせない工夫が取られることもある。さらに、収納への工夫がされることが通常であり、階段下スペースなどの有効活用が得にされる。狭小住宅では土地の面積が狭い分、固定資産の税額が少なく済むなどのメリットもあり、一戸建て住宅の購入の際の選択肢になっている。

スペースを有効活用

女性

狭い土地でも三階建てや地下を作るなど、工夫を凝らせば快適な住宅を建てることができます。土地の価格の高い東京では、小さい土地を購入して狭小住宅を建てましょう。利便性の高い土地なら、交通費や時間が節約できるなどの付加価値も魅力的です。

狭いながらも我が家を持つ

住宅模型

狭小住宅とは約15坪以下の土地に建てられた住宅のことです。狭小住宅は東京のような地価の高い地域によく見られるもので、土地取得費用を抑えることで全国平均に近い価格で住宅を手に入れることができるものです。東京には多くの物件があり住宅を手に入れる際の有益な選択肢になっています。