コストを抑えて住宅を建てたい場合は狭小住宅を考えてみましょう

狭いながらも我が家を持つ

住宅模型

費用を抑えるポイントは

持ち家を手に入れる方法は新築、中古の2つの選択肢があり、新築でも建売と注文住宅があります。いずれにしても家を持つためには最低でも1000万円は必要で、満足した家を建てようと考えれば2000万円から3000万円は必須です。一方で家を持つ際には、土地取得費用と家の建築費用の2つの費用が必要になってきます。地方であれば、土地取得費用よりも建築費用の方が高くなりますが、東京などの大都会の場合には土地取得費用の方が高くなります。このため東京で大きな家を建てるには、相応のお金が必要です。特に日本でもっとも地価の高い東京23区では全国で平均的な広さの住宅を取得するためには5000万円以上の費用が必要です。このため東京では比較的地価の安い周辺の地域に家を持って通勤する、ということになりますが、費用を抑えることで東京都心に近い場所に場所に住むという選択肢もあります。この費用を抑える方法が狭小住宅です。狭小住宅は限られた土地の広さを最大限に活用して建てるものです。狭小住宅の定義は明確なものはありませんが一般には約15坪以下の土地に建てられる住宅を指しています。一般的な住宅が40坪前後であることを考えればその半分以下の広さが狭小住宅の特徴です。狭小住宅であれば地価の高い東京でも土地取得費用を抑えられるので敷地の坪面積は全国平均の半分以下になりますが、価格は全国平均の住宅取得額程度で得ることが可能です。また狭小住宅だからといって住まう空間が狭いわけではなく階層を増やすことで、延床面積を増やし、他の住宅と変わらない床面積を確保しているのも近年の狭小住宅の特徴といえます。東京は住宅のニーズが高いので多くの狭小住宅を扱う不動産会社や住宅メーカーがあり探すにも容易です。