コストを抑えて住宅を建てたい場合は狭小住宅を考えてみましょう

スペースを有効活用

女性

小さい土地で快適に暮らす

全国から人が集まる東京は、常に土地や建物が不足している状況にあります。土地の価格も高く、東京都内に一戸建てを構えるのは簡単なことではありません。東京で一戸建てを建てるなら、狭小住宅を検討してみましょう。狭小住宅とは、文字通り狭い土地に建てる住宅のことで、土地代が安く抑えられるという魅力があります。土地代が安く済む分、建築家などの専門家に図面の設計を依頼すれば、限られたスペースでも快適な住居を建てることができるでしょう。予算を第一に重視する人には、狭小住宅は最適だといえます。土地が狭い場所というのは、大抵周辺の環境に恵まれています。駅や学校が近かったり商業施設がたくさんあるなど、利便性の高い土地である可能性が高いのです。狭小住宅では駐車場が持てないという心配をする人もいますが、そもそも車を必要としない場所なのです。交通費や時間を節約できるという付加価値も、狭小住宅の魅力の一つだといえるでしょう。どうしても車を所有したいという場合にも、住居の設計によっては駐車場を用意することも可能です。狭小住宅の場合は、奥行きや横幅が十分でないため、建物を縦に伸ばす傾向にあります。一階は駐車場にして二階と三階を居住空間にしたり、地下に駐車場を作るという方法もあります。工夫を凝らせばいくらでも快適な住宅に変えることができるので、東京の土地を安く購入して、賢い住宅づくりを目指しましょう。